読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Chrome Devloper Tools の便利機能

chrome

Web+DB Press vol.89 の Chrome Devloper Tools 入門を読んでいて monitorを知らなかったので調べてみると、他にも公式のAPIに詳しく載っていました。
Command Line API Reference - Google Chrome
 
Web+DBの方はTimelineなどの解説もあり。Chrome Developper Toolsは進化しまくっているようです。
今回は詳細はパス。
f:id:rochefort:20160203234302p:plain

WEB+DB PRESS Vol.89

WEB+DB PRESS Vol.89

公式APIの気になるところを抜粋

timelineはさておき、公式APIの方を見てみます。

xpath

$x でxpathが扱えます。

$x(path)
$x("//p[a]")

clipboardにcopy

これはいい。よくElementsタブでコピペしていました。

copy(object)
copy($0);

Elementsタブで選択させる

Consoleで以下を実行すると、Elementsタブで該当するElementを選択してくれます。

inspect(object/function)
inspect(document.body.firstChild);

monitor

functionが呼ばれるのを監視して、引数込みで教えてくれる。これは使えるなぁ。

function add(a, b) {
  return a+b;
}

// 監視開始
monitor(add);

// add実行
add(1,2)
> add(1,2)
function add called with arguments: 1, 2
< 3

table

table(data[, columns])

これは最近よく使う。最高です。
consoleって省略できたのは知りませんでした。
f:id:rochefort:20160203234247p:plain