読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Rails Tutorial 第3版 第4、5章

Ruby on Rails チュートリアル:実例を使って Rails を学ぼう の2周目です。

第4章 Rails風味のRuby

見た目整える回です。
cloud9 は emmet も使えて気持ちよくcodingもそれほど苦になりませんね。
 

シンボルにハイフンが使えない

というのは、知リませんでした。
以下の自動生成される、data-turbolinks-track についてのお話です。

# app/views/layouts/application.html.erb
stylesheet_link_tag 'application', media: 'all',
                                   'data-turbolinks-track' => true

第5章 レイアウトを作成する

HTML5のIE8対応

もうそろそろいいのではないかという気はしますが、お仕事で使う場合はとりあえず入れる感じでしょうか。

HTML5は比較的新しく、一部のブラウザ (特に旧式のInternet Explorer) では
HTML5のサポートが不完全であるため、以下のようなJavaScriptコード
 (通称 “HTML5 shim”)3 を使用してこの問題を回避します。
<!--[if lt IE 9]>
  <script src="//cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/html5shiv/r29/html5.min.js">
  </script>
<![endif]-->

余談 このshimってなんだろうと思ったのでググると、以下の記事に記載がありました。なるほど。
Shimの意味 - Qiita

Asset Pipeline

app/assets: 現在のアプリケーション固有のアセット
lib/assets: あなたの開発チームによって作成されたライブラリ用のアセット
vendor/assets: サードパーティのアセット

path と url の使い分け

Railsチュートリアルでは、_path書式を使用する一般的な規約に従い、
リダイレクトの場合のみ_url書式を使用します。
これは、HTTP標準では技術的にリダイレクト後に完全なURLが要求されるためです。

演習

helperに対するテストを何故書かないのかと思っていたら、ここで出てきました。

testでhelper利用できるようにしておく方法は以下。

# test/test_helper.rb
include ApplicationHelper

コーディング実況動画

第5章 Railsチュートリアル第3版・コーディング実況動画 - YouTube

なんと、伊藤さんが実況動画をupされているようでした。
(第5章はkeyboardの音か何かわかりませんが、前半雑音が凄いので要注意。) 私は、BGMとして流しながらやってます。
一人じゃないよ感があっておすすめです。

ちなみに、伊藤さんの以下の書籍を購入させていただきました。
Tutorial 終わったら読んでいきます。
Everyday Rails… Aaron Sumner 著 et al. [Leanpub PDF/iPad/Kindle]