読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dropbox SDK から Rubyがサポート対象外に!

公式SDKあるし簡単かなぁと思ったら、なんと v2 でサポート対象外となっていました。
Ruby API v2 Client - Dropbox Community - 142019

特に理由が書かれていないのですが、community のライブラリがあるからええやろってことなんでしょうか?

 

じゃどれ使おう?

公式では Community SDK として以下で紹介されています。
Developers - Dropbox
 
gemは検索すると沢山ありそうですが、今回は公式で紹介されている以下を使ってみます。
Jesus/dropbox_api: Ruby client library for Dropbox API v2
 

dropbox_api

準備

準備としては、dropboxでapp作って、access_token 設定するだけ。
typeはfull dropboxで。
f:id:rochefort:20170319203158p:plain

example

使い方は簡単。
api_key, api_secret による認証も可能。)

client = DropboxApi::Client.new(YOUR_ACCESS_TOKEN)
file_content = IO.read "local_image.png"
client.upload "/image.png", file_content

このgemのいいところ

documentが充実していてYARDでしっかり書かれています。

# dropbox_api-0.1.5/lib/dropbox_api/endpoints/files/upload.rb:15
    # @example
    #   client = DropboxApi::Client.new
    #   file_content = IO.read "local_image.png"
    #   client.upload "/image.png", file_content
    #   #=> #<DropboxApi::Metadata::File: @name="image.png" ...>