読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dash Ver.4 を使ってみる(Macアプリ)

20170225追記
Vim VindingはHammerspoonで解決 (Hammerspoon が面白い - rochefort’s blog


Dash for macOS - API Documentation Browser, Snippet Manager - Kapeli
snippets管理と各種Referenceを高速に参照できるDashというアプリがあります。
とある勉強会で数年前に教えてもらって購入してみたのですが、Install したもののそれほど使っていませんでした。
 
最近version4が出たらしく、$14.99 でupgradeできるとのこと。 購入してあまり使ってないのに、さらにお金払うのはバカらしいのですが、 むしゃくしゃしてたので購入しました。後悔はしていません。

そういえば

かつては App Store で購入できたのですが、現在はアプリがなくなっています。なんとレビューの不正投稿の疑いでアカウントが停止されているようです。こいつは悪いやつだ。(不正は認めていないがグレーっぽい)こんな奴のsoftwareを購入すべきかと一瞬悩みましたが、自分がやらない可能性は0ではないという慈悲の心と、むしゃくしゃ感が半端なかったので購入に踏み切りました。

旧バージョンからの移行

ver.4をダウンロードしたあと、旧ライセンスファイルを読み込ませる必要があります。
ライセンスファイルは移行ツールが用意されているので、それを利用すればok
(instructionに従うだけなので省略します)

新機能

ここ見れば大体書いてます。

darkmode

ver.4 の darkmode が結構気に入りました。ver.3 の時点では中途半端でしたが、きれいになりました。
こんな感じ。
f:id:rochefort:20170224025027p:plain
 

REPL 機能

Luaとか特異なランタイムだと嬉しい気もしますが、正直あまり必要ないかな。
f:id:rochefort:20170224025311j:plain

Annotation

マニュアルにAnnotationが追加できて、サーバに保存(自前のサーバーを構築することも可能)してチームで共有するという機能が追加されたようです。
便利そうだけど、チーム開発時のdocumentationは wiki/markdown ですよね?これ誰得?

あと

良いなと思った機能は以下。
Search Using Selected Text

This feature has been completely remade and is now more reliable, 
even in apps that don’t support system services. Set a hotkey for it in Preferences > General

選択文字をそのままDashで検索できるようになりました。
各種Editorでプラグインが作られてますが、これで不要になったのでは?

Tab Improvements

You can now reopen the last closed tab, duplicate tabs and close all tabs except for the selected one

最後のタブを残してくれてます。地味だけど良い改善。

使ってみる

Search Documentations

これはやはり高速です。
Xcodeのようにある程度ヘルプが見やすければ使う必要がないかもしれませんが、あまり慣れない言語の検索であれば、ググるより高速ですし、UIも割と見やすいと思います。
f:id:rochefort:20170224031805p:plain
また、space 区切りで文字を入力するとページ内検索ができます。

あと、Docsetsの絞り込みの keyword は指定できるので、検索しやすいwordに変更するのが良いです。
f:id:rochefort:20170224031901p:plain

Snippets

エディタの機能(Atom)で間に合っているのでちゃんと使ったことがありませんでした。
少し使ってみたところ、便利な機能も用意されているので、まぁ多少は使えるかなと言った印象。
f:id:rochefort:20170224032204p:plain
これだと「;dt」と入力すると yyyy/MM/dd hh:mm:ss 形式で現在日付を出力してくれます。 @date, @time の中身は環境設定で変更可能。
他にも@clipboard(クリップボード展開), @cursor(カーソル位置変更。これはうまくいかないアプリがあるとか)があります。
 
よくある「いつもお世話になっております。〇〇会社の△△です。」みたいなのの登録には良いかも。
他にもtag付ができて、gistに置くようなコード片なども突っ込んどくのもいいかなと思いました。
あと、snippetsの場所は変更可能でdropboxなどに突っ込むこともできます。
 
ちなみに key の入力を監視しているようで、全角で打っても展開されます。
間違いやすいので、略語には記号入れるのが良いとuser guideにも記載があります。

その他

Dash User Guide - Kapeli
で気になったのは、custom URL scheme として「dash://」が用意されています。
terminalで以下のように打てばDashで検索されます。

$ open dash://keyword

感想

正直 Ver.2 のままでもそんなに問題ないかなぁという印象です。見た目の変更が嬉しいぐらいかなぁ。
とはいえ、マニュアル検索も高速ですし、snippetsも自分の用途に多少はマッチしそうなので改めて使おうと思いました。
 
ですが、1点だけ気になる箇所があります。
検索結果のリスト移動に矢印キーを使わないといけないという点が非常に残念です。(shortcut設定用意して欲しい。)
私は元vimmerなので j/k 使いたいんです。
ということで明日は、これをなんとかして見ます。